クレジットカードとは違う?カードローンとは

 

カードローンとは「専用のカードを使って無担保でお金を借りる事が出来る」ものです。指定のATMや指定の現金自動支払機から融資を受けたり返済する事が出来ます。現在社会で利用されているカードローンは「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3種の利用方法が主流となっています。この3種の違いは「銀行系」のカードローンは総量規制の対象外であるため、年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ます。「消費者金融系」「信販系」は総量規制対象内のため、年収の3分の1以上の融資を受ける事が出来ません。カードローンの最大の特徴とメリットは、融資枠内であれば、何度でも借入・返済が出来る事や、わざわざ保証人を頼む必要がない事、担保が不要、利用用途が自由、コンビニATMも利用できる、毎月の返済額が一定で計画的に返済が出来るという、生活の中で簡単に利用出来るという事です。しかし、生活の中で簡単にと言ってもデメリットという点もいくつかあります。メリットの中にある「何度でも借入が出来る」という点、これは便利に簡単にお金を借りる事が出来てしまうため、「借りている」という意識の薄れからお金を借りる事が癖になってしまうケースもあります。

また、計画的に返済が出来る一方で一定額の返済が長期化するというケースもあり、カードローンには利用者の管理能力によってはメリットの多い便利な機能になりますが、デメリットの大きいリスキーな一面もあり、便利に利用できるからと言っても、節度を守り無理のない借入・返済をする事が大切です。簡単にお金が借りる事ができ、「今月ちょっとお金がピンチだな」という時に強い味方にもなるカードローン。簡単に便利にと言えどもお金を「借りている」というわけなので、必ず「返済」という事になります。カードローンをご利用する際にはご自身の返済能力を見極め、しっかりと完済期日を決めたり、経済に余裕が出来た時は多めに繰り上げ返済という処置をとり、カードローンのメリットを活用した安心の借入・返済をするという事が、カードローンを利用する点での注意点でしょう。(カードローン比較のサイト

カードローンの審査の基礎知識を身につけよう

 

カードローンでお金を借りる場合は、必ずと言っていいほど審査を受けなければなりません。初めてカード利用する場合は、審査基準がよくわからないはずです。実は審査も、銀行とカード会社や消費者金融によって内容が若干異なります。基本的に銀行は、やや審査が厳しいのが特徴です。とは言え、地方銀行や信用金庫であれば、消費者金融とそれとそれほど変わりません。安定した収入があれば問題ありません。安定した収入と言えば、正社員でなければいけないと思う人もいるかもしれませんが、正社員でなくても借り入れをすることが可能になります。例えばアルバイトや派遣社員、パートであっても安定した収入さえあれば借り入れることが可能です。この点については消費者金融やカード会社も同様の条件になります。専業主婦は借り入れをすることができるか問題になりますが、借り入れをすることは可能です。理屈で言えば、専業主婦は安定した収入を持っていないため借り入れをすることができないはずですが、夫婦は1つの財布と考え、配偶者に収入があれば借り入れをすることが可能と解釈されます。

審査をするときは、会社に勤めている事の在籍確認が必要です。在籍確認は、借入希望の人が勤めている会社に電話連絡をして在籍をしているかどうかの確認を取ります。このような確認を取るようになったのは、過去に会社に勤めていない人が会社に勤めていると嘘をついた事例があったからです。在籍確認をするときに、借金をすることが会社にばれると心配する人もいますが、消費者金融やカード会社であればわざわざ会社名を名乗りませんので安心です。カードローンの審査をする場合、信用事故がないかも確認します。過去に債務整理をした場合は5年から7年間は借り入れをすることができません。ただ、消費者金融やカード会社の一部では、過去5年間に債務整理をしたことがあったとしても審査に通してくれることがあります。この点が銀行との違いになります。

群馬県の銀行のカードローンはおまとめを考えている人にもおすすめです。

 

いくつかの借り入れを一つにしたいと考えている人におすすめなのが群馬にある銀行のカードローンです。この銀行のカードローンはおまとめや借り換えにと積極的にうたっていますので、一本化したいという人のニーズに応えています。おまとめにするということは現在複数の利用があるわけですが、この銀行ではもともとそれを前提としていますので、それで審査に通りづらいこともなく安心して申し込めます。複数の借り入れがありますと毎回別々に返済日が来るわけですが、そうしますとお金のやりくりを常に考えていなくてはなりませんし、もし給料日の前日に返済の引き落としが来るようになっていますとそのためのお金をまたその都度どこからか都合をつけたりしなくてはなりませんので大変です。このような商品で一本化できますと返済日も月に一回になりますから計画的にやりくりできます。なおこの商品は最長7年と決まっていまして、月々の返済額が事前に先までわかりますので安心です。

申し込みの最初はまず仮審査申込書をFAXするかインターネットで入力します。なおこの商品は前もって返済のシミュレーションをすることができまして、融資希望額から毎月の返済額が、毎月の返済希望から借り入れ額が逆算できます。ここのシミュレーションは直接数字を入力するだけではなく目盛りをスライドさせると自動的に答えも間髪容れず表示されるという優れものです。また利用者の条件として営業地域に在勤か在住という決まりがありますが、関東のほか関西や中部にも支店がありますのでそこも含まれます。また申し込み書類にここまでの借り入れの証明書類のコピーを添付したりする必要はありませんが、これだけを借り換えますからという内容を具体的に提示すると希望額が叶いやすいと考えられます。申し込みますと午前中ならその日のうちに連絡があります。正式な契約は最寄りの取引店を訪れて行ないます。その段階でこの銀行の口座を持っていなくてもその時点で開設すれば大丈夫です。パートやアルバイトの形で働いている人も申し込むことができます。

キャッシングの申込方法に関しては

 

消費者金融というのは、一般的にカードローンの審査は甘く、銀行の審査で落とされた人でもOKが出ることがあるようです。とは言っても、無職の人は利用できませんので、念頭に置いておきましょう。カードローンの審査でリサーチされるのは稼ぎや経歴ですが、古い時代の借り入れがマイナス要素となることも考えられます。過去にお金を借りていたことは、日本信用情報機構などで確認可能なので、嘘をついても無駄です。総量規制というのは、尋常でない借金を未然に防いで、私たちを守ってくれる法律ですが、「総量規制に引っ掛かると、決してキャッシングできなくなる」ということはないのでご安心ください。カードローンに関しましては、銀行系のものだったり消費者金融系のものだったりと、いくつもの商品が提供されているので、商品の選択でミスらない為にも、正しいデータを見定めながら、心ゆくまで比較してから申し込みへと移ることが大切です。「給料日の数日前に友達と飲みに行くことになった」などですぐお金が欲しい時は、無利息で融資可能な金融機関が様々あるので、こういったところを利用するのがベストです。

カードローンの金利を比較したいなら、適用される「上限金利」と「下限金利」に分けてから別々に行なうことが大切です。と言うのも、金利は「融資を受けた額によって違ってくる」というルールだからです。カードローンの借り換えをすることで得られるメリットは、当たり前ですが金利が下がることです。通常一度契約を締結してしまったカードローンの適用利息は、途中からはたやすく下げてくれないと考えるべきです。銀行取り扱いのおまとめローンはサラ金より低金利で、かつ高額ローンも取り扱っているため頼もしいのですが、審査が厳しく数日かかるのが難点です。無利息期間が30日間となっている会社が大半だと言えますが、中には7日間という短い期間に限定する代わりに、お金をすべて返せば翌月以降また同じ期間無利息で借り入れできるところも見られます。

今の時代キャッシングの申込方法で常識となっているのは、ネットを活用した申込方法です。難しいことは何もなく、審査に必要な情報をインプットして送信すると仮審査が始まり、即座にお金を借りられるかどうかの結果が表示されます。消費者金融につきましては総量規制があるために、年収の3分の1を超える金額は借入できません。確実な年収を見るためと借入返済能力があるのかを裁定する為に、収入証明書が必要となるのです。おまとめローンを申し込む理由は、高金利の金融機関から低金利の金融機関に借り換えをすることによって、毎回の返済負担を減らすのは言うまでもなく、支払総額の減少を具体化するということです。キャッシングの申込方法に関しては、郵送にて申込をするものと電話にて申込をするものの2つがありますが、今の時代はPCなどを駆使して、オンライン経由で申込みする方法が一般的です。カードローンの審査は、申込申請時の入力情報をもとに、お客さんの信用度を確認するために行なわれるものです。真面目に返していくことができるかという部分がすごく大事だとされています。ネットでも散見される総量規制とは、「金融業者が一個人に行きすぎた貸付をすることがないように!」という趣旨の元、「個人の総借入額が年収の1/3をオーバーしてはいけない」というふうに規定した貸付のルールとなります。